海外の人と友達になりやすいSNSとは?

SNSを利用して海外の友達を作る場合には、国内とは違い「空気を読む」という概念はほとんどないので、積極的にアプローチをかければ友達のなることができます。ただし、国によって使用している人気のSNSが違います。海外の友達を作る際には国内で人気のSNSではなく、特定のものをする必要があります。

海外の友達ならFacebookで十分?

利用数が多いFacebookなら、万国共通でユーザーが多いので、海外の友達を作るならおすすめです。特に、アプローチをかけるなら、日本語を勉強している人や日本が好きな人を探すと良いでしょう。

その場合、言語に不安があっても、お互いに教え合うということもできますし、すぐに仲良くなれます。あくまでも「好きだから、勉強を教えてほしい」というスタンスでいることです。

アプローチ方法は、英語使った方が無難です。もし、その国の言語を取得しているなら構いませんが、勉強中の場合には英語でコンタクトを取った方が相手も返しやすくなります。

海外で人気のSNSを利用してみよう!

Facebookは、多くのユーザーがいますが全ての国をカバーできるわけではありません。国ごとに人気のアプリやサイトを利用してみると、繋がりやすいということもあります。

ユーザー数が多いということは、様々な国の人を見つけられる可能性が高まりますが、慣れてしまい受け入れにくい状態を作ることもあります。例えば、FacebookやLINEでも、簡単な文で申請しても、許可を貰えない場合があるのです。一方で、ユーザー数が大規模ではなく、特定の国で人気の場合はそちらを利用すると友達作りも楽になります。

共通の趣味を持つコミュニティもあり

共通の趣味で団体を作るコミュニティに参加するのも、海外の人と友達になれる一つの方法です。ネット上だけでなく、リアルの繋がりができる「オフ会」などのイベントが沢山しているサイトやアプリですと、直にコミュニケーションが取ることも。

ネットでの繋がりよりも、何度も直に会話をした方が言語の取得も早くなったり、文化も勉強することができます。ぜひ、海外の人と友達になりたいと考えている人は、これらのようなSNSを上手に利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧:

This entry was posted on 月曜日, 10月 24th, 2016 at 3:29 AM and is filed under SNSを使ってみよう. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.