SNSでネット上のただの繋がりから友達と思わせるテクニック

SNSを利用すると沢山の友達作りが可能です。しかし、こちらが友達と思っていも「ネット上での繋がり」と相手から認識されている可能性もあります。軽い関係になりがちなSNSで、ネットだけの繋がりと思われないようにも、簡単な工夫で友達ができるテクニックをご紹介しましょう。

自分発信を基準に心掛ける

自身の好きなことや趣味などを発信する場のSNSですが、何百とフォローや友達を作るためだけに申請すると、相手から良い返事を貰えないことも。相手のプロフィールを見て、共有できる趣味があれば問題ないですが、リプライの数だけ多すぎる場合は注意が必要です。

あくまでも自分発信を心掛けることで、相手が興味を持ってくれるのが理想となります。もちろん、本当に友達となりたい場合にはアプローチした方が良いですが、友達の数だけを増やすのが目的の場合には控えた方が無難です。

申請時はプロフをしっかり見よう!

友達申請する場合には、プロフを細かく書かれている相手にすると、本当の友達を作れる可能性が高まります。ただし、その場合は自身のプロフィールにも力を入れておく必要があります。

あくまでもSNSはコミュニティ

SNSは楽しむ場であって、出会い目的や口説く場ではないことを覚えておきましょう。SNSは出会い系と違って、無料で誰にでもアプローチを掛けられることから、際限がなくなります。

しかし、相手もコミュニティを楽しんでいるので、何度も出会いのためにアプローチされても困るだけです。特に異性とのやり取りをする際には、趣味の話やメッセージを楽しめるような関係の方が警戒しなくて済みます。

量ではなく質を求めよう

あまりにもネット上での友達が多いと、自身で把握するのが大変です。もちろん、全ての人に対して気遣いができるようなら良いですが、そうではない場合には自身の運営しているSNSに力を入れた方が誘いやすくなります。以上のことを丁寧に行っていくことで、ネット上の繋がりから本当の友達が作りやすくなります。もし、思い当たる節がある人は、一度友達リストを見直してみてはいかがしょうか。

関連記事一覧:

This entry was posted on 火曜日, 10月 25th, 2016 at 4:59 AM and is filed under 友達を作るコツ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.